DJネモトのブログ

あんなことやそんなこと書いてます。

Night Vacation Vol.5

前日は通称ナイバケにお呼ばれしてDJしてきました。

オーガナイザーのユヤマ(おゆや君)は仙台でも先頭走るナイスなDJで僕とは真逆でもないけどベクトルが違うDJさん。

なんだけど、ここ数年彼に凄く惹かれるものがあってパーティに足運んだり今年はForest City Fanfareにクルーとして参加もしたりと顔を合わせる機会が多いのです。

かく言う僕のDJデビューは彼がやっていたSENDAI TUNEです。

震災後4月に公募でやらせてもらったのがきっかけで今に至るという。だから彼此5年の付き合いではあるわけです。

今だからぶっちゃけるし本人にも言ってないんだけど、当時自分の事はさて置いて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出てるDJ大した事ねー!w

とマジな勘違いをしたことで逆に火が着いたわけです笑

ほんと何にも知らなかったから怖くもなかったし今ならゾッとする見方してたなと思います笑

何かとテレフォンズは定番でAKBのヘビーローテションだとか唐突に流れたりと選曲が無茶苦茶だろ!って。

DJデビュー始まってすぐに僕はジャイアンナイトに関わるようになって、彼はゲッティングベターにとこれまた分かれるわけで。

まぁ華やかさで言っても集客で言っても勝ったためしない!笑

とか数年後に気づけば「もしかしたらライバル視してたのかもなぁ」と思ってみたり。

不思議なもんでそんな人だから選曲気になるわけですよ。

なんか昔と比べて「あれ?ひょっとするとやりたいこと出来てないんじゃないのかなぁ。」って思った時があったのね。

邦楽しか聴かないお客さんに合わせてる感がある気がして。

そんな時に話する機会があって熱く語って。

 

じゃあそのうちなんか一緒にやってみようよ!

 

っていう。

前回らじこんに来てもらって今回ナイバケにお呼ばれして、いい流れでした。

こんなイベントパーティを探してた!ってくらいツボで。

ほんとのDJイベントってこれだよって思えたのです。

知らない曲でも身体揺らしてハッピーな感じ?っていうのかな。

最高過ぎた!

ゲストのFREE THROWから神さん。

一曲一曲に説得力があって、やっぱりその人だから心に響かせて届ける事が出来る事ってあるし。

僕はそんなDJさんをリスペクトします。

勉強になりました。

HEY DUDE / Kura Shakerを流したんだけど久しぶりに聴いたという会話をきっかけになんだかんだと褒めてくれたり嬉しかった...。

またお呼ばれしたいし、ナイバケクルーをらじこんにも呼びたいしよろしくです。

 

今回選曲は公開してません。

終盤にROCKS / PRIMAL SCREAMからALRIGHT / THE YELLOW MONKYに繋ぎました。

もちろんUKからの系譜って意味を込めてだけど、「何よりも ここでこうしてる事が 奇跡と思うんだ」って歌詞。

ナイバケクルーに向けてです。

来年もたくさんの出来事が待ってます。

 

ありがとうございました!