DJネモトのブログ

あんなことやそんなこと書いてます。

芸人迷子を読んだ

今更ながらユウキロックさんの「芸人迷子」を買って一気読み。

 

f:id:macanical:20170713124943j:image

 

ほんとは燃え殻さんの「ボクたちはみんな大人になれなかった」を探しに行ったんだけど。

昨年末くらいに発売されて出た当初おススメされてたけど見つからなくてそのままだったのです。

関西に住んでる方から「ネモトくんお笑い好きやんか。これは読まなあかんよ。間違いなく響くで。」って言われてたのがずっと離れなくて。

見つけた時に「あったー!」って飛びつきました笑

 

ハリガネロック

解散して3年なんですね。早い。

M-1オンバトも観てた。

そんなとこも鮮明に描かれててゾクゾクする。

本の内容としてはどうして解散に至ったかの経緯が主体なんだけど、感想から言うと

 

重くて苦しい

だけど体の芯から熱くなる

 

お笑い=エンターテイメントってこちら側からすると劇場や画面の向こうで繰り広げられる作り込まれた世界にゲラゲラ笑うわけだけど、その裏に蠢くプライドや凌ぎ、せめぎ合い。

ユウキロックさん主体で描かれるから元相方の大上さんの気持ちは定かではないけれど、これがリアルなんだなって感じた。

数ある中のひとつのリアルなドラマであって、とことん不器用で儚い。

コンビ名にも名前にも「ロック」が入ってる時点でロックなんだよね。

そりゃ好きなはずだわって今頃気づいた笑。

 

おススメされた意味が序文で分かった。

これ途中で止まんなくなるわって。

「辞めたらあかん」に隠された真意も含めて身に沁みた。

 

僕はDJ。

過去に一度ドロップアウトした経緯もある。

どっぷり浸かった世界も、また離れたことでそれを客観視したものを持ち合わせてるわけです。

結局また戻った時点でやっぱり音楽がエンタメが好きなんだよなって我ながら。

 

音楽に結びつけたらバンドもアイドルも一緒じゃないのかなと思う。

ここ最近だけに始まったことじゃないけど一種のムーブメントになりつつある(本当はあっちゃいけないことだと思うんだけど)解散、活動休止、脱退の連日発表。

なんだか腑に落ちない事が多いです。

先日の結婚します宣言込みで瞬間的には理解出来ない事があったり。

結局自分なりにアナライズしてたら更に興味出たりしたけど、その他にどうみても簡単に辞めます的なのが余りにも目立つんですね。

 

しがみつくってカッコ悪いかもだけど、それしかないって状況なら後に引けないもんね。

見た目の綺麗さよりもそっちの方が魅了されます。

芸人=生き様

まさにこの事かなって。

 

人生のどの場面でも当てはまって、人それぞれの幸せの形があるならば僕はこのままでいいやって思う。

このままでいいっていうのは変化を求めない意味じゃなくて、先にあるもののそれ以外欲しないって事。

己との闘いからの結果、誰かの為になってるならって意味合いも悪くないです。

泥臭くてもいいし、乾いた土埃みたいに薄汚れても別にいいなって思う。

なんとなく背中押されて、バイブル的に指針になる一冊。

人生の出口探しながらがんばろ。

 

読了後。

余りにも張り詰めてた自分に深いため息ついた後、なんとなくカバーを剥がして涙した。