読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DJネモトのブログ

あんなことやそんなこと書いてます。

ルナフェスに行ってきた

待ちに待ったルナフェス1日目へ行ってきた!

f:id:macanical:20150630181139j:image

わたくしこう見えてバンドやってたんですよ。
意外にも高校生の頃ルナシーのコピバンやってたりもしたんですよ。
そりゃ世代的にもそうだけど、ラインナップ云々の前にLUNA SEAがフェスをやるとなった時点でとんでも無い事になるってみんながみんな思いましたよね。
昨今のフェスには有り得ない両日の出演陣。
最高でありました。
f:id:macanical:20150630181140j:image
会場には3ステージ。
ど真ん中に月が浮いていて人の海が出来上がってました。
タイムテーブルも被りなしで1日中ライブが観れる構成。
休憩するヒマありません!泣
泣く泣く休まないと1日乗り切れないので休憩したけれど。
f:id:macanical:20150630181159j:image
 
出店が何店舗かあってこれもLUNA SEA関連。
 
f:id:macanical:20150630181212j:image
 
フードコートスペースの天井にも月とエヴァに出てきそうな使徒っぽい星型オブジェ。
 
f:id:macanical:20150630181222j:image
 
f:id:macanical:20150630181233j:image
 
豚まんとジャンボフランクに刻印。
なんたる遊び心!
 
f:id:macanical:20150630181243j:image
 
てなわけでオープニングはLUNACY。
インディー時代の表記でLIVE。
有り得ない!!!!
渋公や鹿鳴館時代の様な出で立ちでスタート。
背筋がゾクゾクとしました。
かく言う私、LUNA SEAのLIVE観たことないんです。
高校生だった時期に住んでいたいわき市はホールサイズのハコもなく。今みたいにネットの普及もない時代。
いつもバンやろやパチパチにアリーナ37°(書いてて懐かしいw)なんかで憧れて「読む」事しかなかったんですよ。
未だに雑誌を手にするのはそんなんがあるからかも。
セトリと写真だけで満足なんてありえない。
文章で会場の雰囲気とか熱気が伝わる文章大好きです。
それはともかくオープニングの三曲。
それだけでもう涙腺崩壊!
会場で会った友達に聞いたら「Jーーーー!」と叫んで
 
失神・・・
 
した人もいたそうです。
気持ちわかる。。
失禁じゃなくてよかったですよね。
いたかも知れないのでごめんなさい。
どうしても欲しかったTシャツ欲しさに1分1秒がもったいないですが物販行きまして、2時間。。
まぁ、ラインナップや何やっただのはサイトでも今度出る各音楽雑誌で読んでくださいって事で。
 
各バンドにサプライズでメンバー登場でコラボだけじゃなく、真矢のローディーにSIAM SHADE淳士の復活でドラムソロなんて観れないですよ。
LUNA SEAyoshikiは親友と呼び、LADIES ROOMジョージ曰く「後輩だろ!」と言い放ち。
そんなエクスタシーサミットが起きて、しかもPrecious...を豪華共演。
先輩、仲間、後輩バンドがあのステージにこぞってた光景は奇跡としか思えなかったです。
teelephonesがうれしそうにステージを走り跳び回って9mmが歌って。
あれが出来るのもLUNA SEAしかいないんだろうなと。
時代の繋ぎ目とも言える関係性をもたらすバンドのパワーって凄い。
雑誌の話に戻ります。
ルナフェス前にこぞって読んで気分高めてました。
MASSIVEというムック誌はご存じです??
不定期刊行でありながら定期的に出版されている雑誌があります。
編集長は増田勇一氏。
増田さんが長年の音楽業界・出版業界で培った分、ミュージシャンのつながりも情報量も聞きだすポイントも他じゃそうそうないよね!って記事多いです。
何よりメタル・ラウドミュージックに対してとてつもない愛があるので読み応えたっぷりなんです。
あのルナフェスHPのaboutに記事を載せてるのも増田さんです。
普段は気さくなおじさんなのに!(リスペクトの意を込めて)
ルナフェスに掛けた想いがもうこれでもかってくらいぶつかるし、今からでも読めば面白さ二倍、三倍に膨れ上がりますよ、これは。
早くレポを読みたい次第です。
 
それはともかく、予想以上にぶっ飛んだ狂気のフェスはもう二度とないだろうしあのフェスに行けた事を誇らしげに思いながら現実へ戻った次第であります。
二日目は行かなかったけれど満足です。
 
あぁルナフェス最高!!!!!!!!!!!!!!!!!!!