DJネモトのブログ

あんなことやそんなこと書いてます。

お宝

ここんとこ一人でふらっと出かける事が多いです。

山形に行って参りました。

一昔前山形に住んでた時期がありまして、思い入れのある県でもあるし町でもあります。

特に行きつけの美容室や理容室もないんですが、ちょうど山形で働きだした理容師の友達がいまして定期的に行くようにしてます。

妹も理容師なんですけど、同じ学校の後輩にあたるらしく遠からず近からず共通の先輩後輩もいるなんて話もあって不思議な縁を感じたりするわけです。

「世間って狭っ!」と本気で思います(笑)

音楽を通して知り合った子がこうして身近な所の輪にいたりするとうれしいもんですね。

前にも書いたけど出会いと別れの季節で一喜一憂してしまったりします。

新たに関係を築き上げたいし、離れてしまったらその先で懸命に楽しくやってる姿を望んでたりてます。

振りだしに戻るけど山形市に住んでた時にはいろいろありました。

決して長い時間ではないですけども。

庄内の鶴岡にいた時があって、仕事の上で一番濃い時期を過ごしてました。

その時お付き合いしてた方がいまして、急に連絡があって久しぶりに会う事になったんです。

ネットで俺の名前を見つけて、サイトに載せてるメアドに連絡をしてきました。

二週に一度のペースで不特定多数の方から質問や相談メールもらっているんですが、まさか付き合ってた方から来るとは。。

まぁ昔の彼女に会うなんて、今まで「気持ち悪りぃ」と思ってました。

いやいや、その前にこういう連絡って宗教勧誘とかマルチ商法の類かじゃねーの?と想像してました。

だって・・・

 

 

 

 

 

7年ぶりですよ??

・・・怪しすぎる。

「変だなぁ。やだなぁ。」と稲川氏ばりにぼやきたくもなるわけです。

でも会う決意をしました。

なぜなら・・・

 

 

 

 

 

 

 

別れ際に借りパクされた段ボール2箱分のCDを返して欲しいから!!!!(推定400枚くらい)

何年も前の話ですが時間が許すなんて御託は通りません!

知らぬ存ぜぬは許しません!

初めて買ったCDとかレアなもんとか、大人になるまで時間と金を費やしたマイトレジャー!

今の今まで「なかった」事にしてましたけど、連絡来たって事は承知の上だろうと。

タイミングみて「てめーこの野郎」のひとつでも言ってやろうか、はたまた下手に出て様子伺いした方がいいのか。

ダークな想いを秘めたまま待ち合わせしました。

いざ会ってみると借りパクの怒りよりも「おー。久しぶり」と口から出る始末。

意外なセリフでびっくりと同時に「俺って弱い!」なんて思ったりします。

そもそも懐かしい感覚がでかくて若干センチメンタルになります。

あの時あーだったとかこーだったとかたわいもない話を繰り返しました。

当時、アタマは決して良くない(勉強できるとかじゃなく)けど明るくて面白い子で。

まぁ沢山笑わせてもらいました。

黒船ペリーを「ペレ!」「ペロ!」と言ってたのを思い出しました。

別れる事になったのも若かったからなんだろうねと。

結果論としてだけど、そうじゃなかったら今の俺はないし彼女も今がなかったろうし。

むしろ別れてよかったと思う方が大きいです。

人生どう転ぶか分からないけど、後になって気付くもんってありますね。

そんな彼女は俺と別れて半年後に「でき婚」だったそうです(笑)

もう爆笑です。

お付き合いしていた方と数年ぶりに会うとアバンチュールなひと時になるぞと周りに言われてましたが、そんなんこちとら微塵もありゃしません。

そんなん期待もしてなかったし、気持ち悪い!

そもそも人妻に手を出して社会的制裁を食らうなんてアホらしいのです。

そう思うと、お互いに良い付き合いだったのかもなーとフラットに思います。

今じゃ三人の子持ちで立派なお母さん。

幸せになって欲しいもんです。

で、聞いたんです。

「なんで連絡くれたの?」と。

彼女は言いました。

 

「子供が熱出して、夜中まで起きててひまだったから」

 

うん。お前、そういとこだぞと。

宗教でもマルチでもなんでもない。

ただの暇つぶし!!

「そんな事するわけないじゃん!なんかの商品カタログとか聖書を持ってくりゃよかった!?」

まぁそうでしょうね。

あんたに限ってそれはないわな。

案の定CDの件は記憶の片隅にもなく「えー?何それ。」の一言。

挙句の果てには「あぁ。あの時めんどくさかったからかもね!アハハ!」

カチンと来たので実家の物置探して着払いでもいいから送ってくれ!と伝えました。

人生とは油断大敵です。

この人、定期的に催促いれなきゃだめだと思った次第であります。

そんな彼女は言ってました。

「とりあえず生きててよかったね!生きてりゃなんとかなるって!」と。

この言葉は当時からの彼女の口癖でした。

そうだよなぁ。

笑って楽しく生きなきゃな。

まさかの元カノに改めて気付かせてもらえるとは。

感謝っす。

だけど笑えないからCD返して欲しいっす・・・